着物の楽しみにひとつに季節を纏うということがあります。

少々贅沢に感じることですが、やはり季節を纏うというので着物を楽しむ醍醐味でしょう。

 

優しい灰桜の一越地に野菊を刺繍しました。

 

こちらは一越の生地に刺繍をしました。9月半ばの単衣の季節から翌5月までお楽しみいただけます。

野菊というモチーフにこだわって9月〜11月くらいに締めるも良し、歌舞伎や日舞、落語などの役者や出し物に因んでお召しになるのも素敵です。

 

手軽にお楽しみいただきたいとリーズナブルな価格でお届けします。

 

こちらは刺繍部分に水がかかると若干の縮みが起こります。

お手入れの際は刺繍部分に水がかからないようにお洗いください。

 

※価格はお仕立て代、芯代を含みます。
※表示価格は全て税込となります。
※掲載商品は店頭でも販売しておりますので、時間差により売り切れの場合はご容赦ください。

付け帯 野菊-28203

¥49,000価格
  • 商品をお手元にお届けして現物をご確認いただいてからご注文いただくシステムです。取り寄せた段階ではお支払いは発生しません。
    詳細はこちらをご覧ください。